スウェーデンの代表 「maraga」(マラガ)のカーテンで北欧風のお部屋に!

北欧柄と言えば、マリメッコ に代表されるフィンランドの生地と
シナマークやアルメダールスなどで知られるスウェーデンの生地が挙げられます。

スウェーデンの代表 「maraga」(マラガ)のカーテンで北欧風のお部屋に!

“店内のアルメダールスのサンプルカーテン”

maraga1

そして忘れてならないスウェーデンの大御所が boras (ボラス)ですね。
ボラスコットンとして家具屋さんで良くみかけますが、当店でも人気のある定番柄です。

昨年ですが、川崎市中原区のマンションにお住いの H 様のリビングルームに
この boras の 「maraga」(マラガ)で プレーンなシェードをお作りいたしました。

色は、ライトブルー。 グレイッシュでさわやかな穏やかな色です。

maraga2

北欧デザインが大好きな H 様。
当店のマラガを使ったカーテンの施工例もご覧いただいてのご相談でした。

シェードの良さはお部屋がすっきりとし、たたみ上げれば 明るく眺望が楽しめる事。
方角の良い角部屋で、リビング窓は東側と南側のコーナーに大きく取られています。

東側は、午前中に日が良く差し込み、まぶしくて仕方がない。
今までは遮光のロールスクリーンをお使いで、その使い勝手は便利だったそうです。

そんなことから 少し変わったダブルシェード(2重での生地スクリーン)になりました。
東側2台のダブルシェードの奥側(窓側)は、午前中の日射しを遮るための遮光生地。

maraga3

maraga4

プリントのコットン生地は、光の透けた具合もとてもきれいですので 
遮光裏地付き一体でのお仕立てはあえてやめて、 もたもたと ぶ厚くならずに
表側のマラガ綿生地の風合いの良さが活きるように作りました。

maraga5

南側は景色を広々と明るく見せたいけれど、隣室からの視線を少し遮りたい。
表側はマラガで同じですが、こちらの奥側は ナチュラルテイストなレースでのシェード。
プライバシーが適度に保てて、かつ暗くならない透け具合です。
シアー(レース生地)1 枚あるだけで、昼間はすごく快適に過ごせるようになりますね。

maraga6

お部屋全体で4台となるシェードの手前側の生地は、全てマラガ。
その流線の繰り返すデザインと優しい色の連なりが とても心地よく感じられます。

maraga7

窓全体だと大きな面積なので、柄がうるさくなり過ぎないかと迷う気持ちもありました。
無地の生地と組み合わせる案もお出ししましたが、大好きなこの柄だけでお部屋全体を
統一したのは大正解でした。

北欧デザインのカーテン、輸入生地は大胆な色や柄も多く、お部屋の印象を大きく変えて
くれます。
少しお部屋のイメージチェンジをしてみたい。明るい窓辺を作りたい。
そんな思いをお持ちでしたら、ぜひ一度ハンザムへご来店ください。

この記事を書いた人
公開日:
更新日:2017年05月17日

海外ブランド

Liberty (リバティ) Sanderson (サンダーソン)・マナトレーディング William Morris (ウィリアム・モリス)・マナトレーディング VillaNova (ヴィラノヴァ) Japan ジャパン
inhouse DESIGNERS GUILD (デザイナーズギルド) HARLEQUIN (ハーレクイン)・マナトレーディング FISBA (フィスバ)
etamine casadeco marimekko (マリメッコ) kinnamark (シナマーク)
Hunter Douglas (ハンターダグラス) nanik (ナニック) Lucenthome (ルーセントホーム) MANAS-TEX (マナテックス)

国内メーカー

川島織物セルコン フジエテキスタイル サンゲツ スミノエ
アスワン 東リ リリカラ シンコール
トーソー タチカワブラインド ニチベイ

上記ブランド以外にもお取り扱いはございます。是非お気軽にお問合せください。