吹抜けの暑さ、寒さはカーテンで対策も出来ます!

夏と冬になると、必ず増えてくるお問合せが 吹抜けの暑さや寒さ対策です。

吹抜けは、光が溢れ開放的で空間の広がりを感じる素晴らしい空間ですが
実際暮らしてみると暑かったり寒かったり、エアコンが効かないので
何か良い方法はないかとのご相談をいただきます。

吹き抜けの空調管理の方法

そんな時におすすめさせていただくのは、
サイレントグリス社のスカイライトシェーディングシステム。

〈こちらのご説明は、こちらのブログ「吹抜けの寒さ対策にはスカイライト」をご覧ください。〉

スカイライトシェーディングは、手動タイプや電動タイプ、また傾斜窓など
様々な窓に対応でき、見た目も美しく開閉操作もできるのですが、
比較的金額が安い買い物ではないので皆さん悩まれます。

もちろん金額に見合う価値はございますが。 (生地や製品の大きさ、取付高さなどで
変わりますが、30~40万円位になることが多いです。)

予算を抑えた対策の代案

今回ご紹介いたします 東京都多摩市のN様邸ですが
スカイライトシェーディングは、ご予算に合わず断念され、
しかし、このまま何もつけないで生活するのは厳しいとの事でした。

ご予算内で納まる方法をこちらで模索し、以前の当店の施工例からご提案した案を、
最終的にN様宅で取付位置や操作方法を細かくお打合せして、お作りした物になります。

吹き抜け

施工前の写真です。

お客様からのご要望は下記の3点でした。

  1. 閉めっぱなしは嫌なので、開閉ができる事。
  2. 開閉に使用する紐やバトンなどが見えない事。
  3. 簡単に洗濯出来る様に、取外しが容易な事。

吹き抜け

吹き抜け

スクリーンの開閉ができるように、通常の窓によく使うカーテンレール
(TOSO・ネクスティ)をスポットライトの上部の壁に取付けました。

向い側にも同じように取付。カーテンを外した時にもレールが目立たないように、
クロスと同色(ホワイト)です。

吹き抜け

カーテンを閉めた状態。
お客様で簡単に取り外せて、洗濯が出来るようにと構造はシンプルになっています。

通常のカーテンと同じフックをレースの両側に付けたレースカーテンを、
それぞれのレールに吊り、生地の垂るみはアジャストのフックで調節します。

カーテン

カーテンを開けた状態。

紐引きカーテンなどの案もありましたが、リビングなので常に紐やバトンが見えている
のは嫌だというご要望でしたので、サンルームの高所のスクリーンを降ろすのに使用する
お手持ちのバトンを利用してカーテンを押してたためるように、
端部を工夫して作っています。

専門店だからこその知恵や方法を

オーダー品=高いと思われがちですが、逆にアイデアや施工方法を工夫する事で
お安くできる事もあります。

今回は、最初のお見積り金額の約4分の1に抑える事ができました。

このように、特殊な仕様での縫製や施工をするには、時間をかけてお客様とお打合せをし
また縫製にも様々な事例に対応できる技術がないと難しいので、
まさに専門店ならではの施工例かと思います。

今年も、連日とても暑い日が続きますので、体調に気をつけてお過ごしくださいませ。

都筑区、港北区など、神奈川・東京で
オーダーカーテンをお探しであれば、是非ハンザムまでご相談ください。

公開日:
更新日:2016年05月04日

海外ブランド

Liberty (リバティ) Sanderson (サンダーソン)・マナトレーディング William Morris (ウィリアム・モリス)・マナトレーディング VillaNova (ヴィラノヴァ) Japan ジャパン
inhouse DESIGNERS GUILD (デザイナーズギルド) HARLEQUIN (ハーレクイン)・マナトレーディング FISBA (フィスバ)
etamine casadeco marimekko (マリメッコ) kinnamark (シナマーク)
Hunter Douglas (ハンターダグラス) nanik (ナニック) Lucenthome (ルーセントホーム) MANAS-TEX (マナテックス)

国内メーカー

川島織物セルコン フジエテキスタイル サンゲツ スミノエ
アスワン 東リ リリカラ シンコール
トーソー タチカワブラインド ニチベイ

上記ブランド以外にもお取り扱いはございます。是非お気軽にお問合せください。