吹き抜けとリビング階段が暑い・寒い!吹抜け専用シェードを取付けて解決した事例

今年の冬も、寒い日が続きました。

寒い冬と暑い夏に、お客様からお困りのご相談で急激に増えるのが、

<吹抜け> と <リビング階段>です。

何度かブログでもご紹介しておりますので、似た内容になりますがお困りのお客様が多くいらっしゃられるので、少しでもお悩みの手助けが出来ればと、今回も吹抜け用のシェードをご紹介させて頂きます。

吹抜け用のシェードの取付け事例

東京目黒区のM様邸

今回ご紹介させて頂くのは東京目黒区のM様邸です。

すごく大きな吹抜け空間に光が注ぎ込み開放感があり、とても素敵なリビングですが、「とにかく寒くて寒くて」とお困りになられていました。

あまりの寒さに去年の冬はホームセンターで梱包材のプチプチを買ってきてテーブルの上に椅子をおいて、家族総出で吹抜けを塞ぐように貼ってみたとのお話。

すごく大変だったが塞ぐと、寒さが全然違ったとの事で色々検索され、当店にご連絡頂きました。

吹き抜け部分には専用シェードを取付け

吹抜け用シェードの打合せ時に、よく問題になるのが吹抜け部分にある照明です。

シェードを開閉するので、照明などの障害物があると、それより下につけるか上につける場合は、かなり上につけないといけなくなるので、何かあった時や洗濯などで生地を外す時に大きな脚立が必要になってしまう為だいたいは、あまり高くならない低い位置にレールを取付けます。

ただ、生地はレールより低い位置につきますし、ウエーブしている生地部分が天井面より下にきてしまうと、隙間が開いてしまい、せっかくの効果が損なわれてしまうのでどれくらい生地がたわむのか計算しながら、どの位置にレールを取り付けるかが難しいのです。

吹抜け用のシェードの取付け後

施工後です。

スクリーン状の生地のたわみが、天井面より下にならず計算通りできまして、ひと安心。

ウェーブの数と間隔で調整しました。

写真では、わかりにくいですが今回は奥行きが5m40cmあり、この長さは初めてでしたので、取り付ける終わるまでドキドキしました。

シェードを開けた状態

リビング階段部分の対策も

最初にお話しした、皆さんお困りのもうひとつである<リビング階段>。

今回は、吹抜けと一緒にリビング階段もレールを新たに取付けてカーテンで塞ぐ事にしました。

階段部分もカーテンで塞ぐ

リビング全体は、白を基調としたすっきりした空間なのですが、階段前のドレープには少しポイントとなる柄のある生地がよろしいとサンゲツのきれいなプリント生地を選んでいただきました。

このカーテンは、必要のない季節には取外しておけるので使い勝手も良いですね。これでもう寒い冬や暑い夏は、怖くない。

作業中に全て閉めると、本当に効果を感じられました。

ブログや写真だけだと、なかなかイメージが難しいと思いますので是非ご来店頂き、お店に設置したサンプルを実際に操作してご相談出来ればと思います。

プリント生地が気になるという方は、「LIBERTY ART FABRICS (リバティ)プリントのカーテンをお部屋に。イギリス輸入カーテン施工例」も参考になるかもしれません。

それでは、また。

この記事を書いた人
ご相談・お問い合わせはお気軽に!

カーテンはお部屋で一番目立つインテリアです。なんとなく決めてしまう前に是非一度、専門店に来てみてください。

気に入ったサンプルカーテンをご自宅にて試し吊りできる無料サービスが好評いただいております。是非ご利用ください。

※当店は、キャッシュレス決済ポイント還元対象店、各種クレジットカード、交通系IC、PayPay、AUpay決済で5%還元となります。

メールフォームの方はこちらから


営業時間は平日10時~18時、土曜・日曜日10時~19時、祝日(水曜日以外)10時~19時となります。
※水曜日は定休日です。
※当店にてご相談等を検討されているお客様には、事前にご来店予約をしていただく事をおすすめしております。

ご来店お待ちしております。
カーテンギャラリーハンザムスタッフ
ハンザムの営業エリア
公開日:
更新日:2019年11月20日