遮熱レースカーテンの取り付けで暑い夏の対策を。透過性の高いレースを季節で取替える。

梅雨明けも間近となり、猛暑はすぐそこまできています。

この時期のお問合せは「とにかく暑くて~」が圧倒的に多いです。

暑い夏におすすめ!透過性の高い遮光レースカーテン

遮熱製品も、外に付ける物・ブラインド・ロールスクリーンなど様々な物がありますが、
やはり今ついているカーテンレールを生かして
手軽に遮熱のレースカーテンを選ばれる方が多いです。

遮熱レースとは、遮熱効果のある特殊な糸を織りこんだり織り組織を工夫して、
強い日差しに対する効果を高めている生地です。

特徴として一般的なボイルレースの薄地に比べて、透け感があまりありません。

遮熱効果が高い生地ほど遮蔽性が強く 向こう側のようすが見えづらく、
透け感がある物は断熱効果が弱いということになります。

race1

このたびレースを取り替えていただいた麻生区のK様。

今までお使いのボイルレースは 外の景色がきれいに見えて気持ちが良く、
圧迫感がありません。
外の樹木が透けて見えて開放的ですが、夏場とにかく暑いのがお悩みでした。

race2

思い切って、遮熱レースにお取替えいただきました。

遮熱効果が高いレースなので、かなり遮蔽性が強く
外の景色はほとんど見えなくなりました。
ただ吊っている時から 日差しをカットし断熱効果が感じられまして、
冷房効率は全く違いますね。

理想は、夏場だけ遮熱レースに吊り代えて お使い頂くのが一番良いと思います。
K様も、季節でレースを吊りかえたいとおっしゃっていました。

遮熱レースを一年中お使いになる場合は、圧迫感が出すぎないように
透け感も生地を選ぶ大きなポイントになってきます。

カタログやお店で見ただけでは 透け感がわかりにくいので、
当店のサンプルカーテンお貸出しサービスをご利用頂きまして
サンプルを実際にお部屋で吊って透け感をご確認ください。

お部屋で実際に吊って見て頂くのが、一番失敗のないカーテン選びのポイントです。

それでは また。

この記事を書いた人
ご相談・お問い合わせはお気軽に!

カーテンはお部屋で一番目立つインテリアです。なんとなく決めてしまう前に是非一度、専門店に来てみてください。

気に入ったサンプルカーテンをご自宅にて試し吊りできる無料サービスが好評いただいております。是非ご利用ください。

メールフォームの方はこちらから


営業時間は平日10時~18時、土曜・日曜日10時~19時、祝日(水曜日以外)10時~19時となります。
※水曜日は定休日です。
※当店にてご相談等を検討されているお客様には、事前にご来店予約をしていただく事をおすすめしております。

公開日:
更新日:2016年07月22日

海外ブランド

Liberty (リバティ) Sanderson (サンダーソン)・マナトレーディング William Morris (ウィリアム・モリス)・マナトレーディング VillaNova (ヴィラノヴァ) Japan ジャパン
inhouse DESIGNERS GUILD (デザイナーズギルド) HARLEQUIN (ハーレクイン)・マナトレーディング FISBA (フィスバ)
etamine casadeco marimekko (マリメッコ) kinnamark (シナマーク)
Hunter Douglas (ハンターダグラス) nanik (ナニック) Lucenthome (ルーセントホーム) MANAS-TEX (マナテックス)

国内メーカー

川島織物セルコン フジエテキスタイル サンゲツ スミノエ
アスワン 東リ リリカラ シンコール
トーソー タチカワブラインド ニチベイ

上記ブランド以外にもお取り扱いはございます。是非お気軽にお問合せください。