マクラメ飾りつきのシアーカーテン(レースカーテン)

「シアー」とは透けるものという意味で、レースカーテンのことです。

刺しゅう柄のレースカーテンは相変わらず人気がありまして、最近は種類も豊富ですし、ひと昔前に比べるとお手頃な価格のものも多いように感じます。

そんな中、クラシックなマクラメ飾り付きのレースカーテンをお選びいただきました
横浜市港北区のT様のリビングのようすをご紹介いたします。

レースカーテン

ご新築中に早くからご相談下さったT様は、造作家具の少し赤みのあるダークブラウンの色に合わせて、ドレープ(厚地のカーテン)は川島織物セルコン Filo(フィーロ)のモリス柄、「ハニーサクル&チューリップ」(FF6686)が候補としてほぼ決まっていました。

レースカーテン

アイアンレールは トーソーの「クラスト 19」
ブラックよりも柔らかい印象で内装に合う、ブラス色。

飾りのロープタッセルは、五洋インテックスの「オリエント」 葡萄色。

レースカーテン

そのドレープも見つつ、レースカーテンも色々見てみたいという事で、
豊洲のショールームまでご家族で行ってくださり、そこで大変気に入られたのが
こちらの 「オルーンシア」(FF6718)です。

余談ですが、川島織物セルコン社では「シアー」(レースカーテン)のことを、
同じく透けるという意味の「トランスペアレント」と呼んでいます。

レースカーテン

無地のボイル生地の裾と、中央に、大きくマクラメ飾り(レースのトリム)が配されて
いて、とても品のあるエレガントなレースカーテンです。

柄が大きく入っているため、通常ですと床までの長い丈には向きますが、
腰高窓や小さい窓にはバランスが悪いという事になりがちです。

しかし今回は、プレーンシェードを取り付けた3連の縦長窓の枠内に掛けるレースの
マクラメが、ちょうどきれいなバランスに納まりました。

レースカーテン

サイズの合うカフェカーテン、といったイメージでしょうか。

窓を開けて風を入れた時など 日を浴びて揺れるシアーは、とてもきれいなものですよね。

レースカーテン

おまけで、店内のサンプルカーテンより2点ご紹介いたします。

マクラメ付きシアーの代表と言えばこちら。 マナテックスの 「エレナ」です。
適度なボリューム感があり、エレガントな窓辺になること間違いなしの定番品。

レースカーテン

こちらは、リリカラの「FD-51469」

裾からの刺しゅう部分が90cmにもなる大きい柄で、お好きな方には
是非お試しいただきたいシアーです。

レースカーテン

当店では、お店のカーテンサンプルをお貸出しできるサービス(無料)が好評なのですが、
特にシアーは、透け具合を見てみることが大事なポイントです。

実際の窓に合わせてみるとイメージがわかりやすいので、是非ご相談下さいませ。

他に港北区ののカーテン事例を見たい方は是非こちらの記事もご覧下さい。

川島織物セルコンの施工事例をもっと見る

公開日:
更新日:2017年03月07日

海外ブランド

Liberty (リバティ) Sanderson (サンダーソン)・マナトレーディング William Morris (ウィリアム・モリス)・マナトレーディング VillaNova (ヴィラノヴァ) Japan ジャパン
inhouse DESIGNERS GUILD (デザイナーズギルド) HARLEQUIN (ハーレクイン)・マナトレーディング FISBA (フィスバ)
etamine casadeco marimekko (マリメッコ) kinnamark (シナマーク)
Hunter Douglas (ハンターダグラス) nanik (ナニック) Lucenthome (ルーセントホーム) MANAS-TEX (マナテックス)

国内メーカー

川島織物セルコン フジエテキスタイル サンゲツ スミノエ
アスワン 東リ リリカラ シンコール
トーソー タチカワブラインド ニチベイ

上記ブランド以外にもお取り扱いはございます。是非お気軽にお問合せください。