高い吹抜けには開閉可能な専用シェードの取り付けがおすすめです!【暑さ寒さ対策】

今年は例年より、かなり早く梅雨明けしましたね。

梅雨が明けると 待っているのは、うだる様な暑さの日々・・・。このブログ記事を書いている今もとんでもない暑さです。テレビでも毎日のように熱中症等の注意喚起が行われています。

家電量販店でエアコンや扇風機が売れるこの季節になると、カーテン屋では遮熱製品の問合せや天窓の相談、そして吹抜けの相談が飛躍的に増えます。

今回の紹介させていただきます東京都杉並区のH様邸は、昨年の冬にお取付けさせていただきました事例となりますが、特殊な空間でしたのでご紹介させて頂きます。

高い吹抜けに開閉可能な専用シェードを取り付けた事例

吹き抜けシェード杉並区の事例

H様邸は、設計士のS様からご紹介頂きました。

吹抜けが大きくて、壁はコンクリートのせいもあり 冬はとにかく寒く、夏は暑いとの事で「冬場1階にいる時は、寒さとの戦いです!!」 と、おっしゃっていました。

明るく開放感もあるとても素敵な吹抜けで、緑も見えるので使用しない時は簡単にたためて、仕事をされている奥の部屋から見えないようにしたいとのご希望でしたので、設計士の S 様と店内のサンプルでお打合せしながらハンザムシェーディングにする事になりました。

吹き抜けシェードの詳細

吹き抜けシェードの設計から取付までワンストップで可能です

本来なら、長い方向にレールを取り付けて幅を小さくしますが今回は、長い方の片側の壁に落下防止用の金属メッシュが取りついていましたので幅は3mを超えてしまいますが、短い方の壁にレールを取付けました。

よ~く見ないとわかりませんが、コンクリートの壁がシルバー色のレール白く塗っている壁側は、白いレールにして、目立たないようにしています。

吹き抜けシェード完成図

たたみも計算し、たたんだ時に奥の部屋から見えないようにし閉めた時にも、関節照明に近くならないように取付けました。

シェードのたわみも考慮し設計

さすがに幅方向が3mを超える物は作った事がなかったのですが、生地の中に入れる芯材や芯材のジョイント部分などを工夫し、たわみを少なくする事ができました。

どうしても長くなると中央部分がたわんでしまうので、そこが問題だったのです。
この様な特殊な物はメーカーに発注して出来る物ではないので、私たちも使用する部材や、生地の縫製・生地の仕様などを 毎回お客様と一緒に勉強させて頂いております。

設計士のS様から 「今は特殊な物だとやりたがらず、話も聞かない店が多いので、ハンザムさんのような職人気質の店があってよかった」と、最高の褒め言葉を頂戴いたしました。

同じようなお悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら是非ハンザムまでお問合せください。

吹き抜けシェードのご依頼については、下記も是非ご覧ください。

この記事を書いた人
ご相談・お問い合わせはお気軽に!

カーテンはお部屋で一番目立つインテリアです。なんとなく決めてしまう前に是非一度、専門店に来てみてください。

気に入ったサンプルカーテンをご自宅にて試し吊りできる無料サービスが好評いただいております。是非ご利用ください。

※当店は、キャッシュレス決済ポイント還元対象店、各種クレジットカード、交通系IC、PayPay、AUpay決済で5%還元となります。

メールフォームの方はこちらから


営業時間は平日10時~18時、土曜・日曜日10時~19時、祝日(水曜日以外)10時~19時となります。
※水曜日は定休日です。
※当店にてご相談等を検討されているお客様には、事前にご来店予約をしていただく事をおすすめしております。

ご来店お待ちしております。
カーテンギャラリーハンザムスタッフ
ハンザムの営業エリア
公開日:
更新日:2019年11月20日