マリメッコの落ち着いたMEHILAISPESA(メヒライスぺサ)柄の施工例

先日、友人から「オーロラ鑑賞ツアー」に参加したお土産話を聞くことができました。

少し古い話になりますが、2014年はマリメッコの象徴ともいうべき「ウニッコ」の
図柄の誕生50周年にあたり、フィンランド航空がブルー色のウニッコ柄の特別塗装機を
導入していたそうです。

機内のテキスタイルや食器にもマリメッコの柄が使われ、
とても可愛かったとの事でした。

フィンランド本国では、本当にマリメッコの柄が生活と一体化しているのですね。

マリメッコの柄、MEHILAISPESA(メヒライスぺサ)の施工例

さて、今回はウニッコではなく、「MEHILAISPESA」(メヒライスぺサ)という、
ウニッコとはちょっと違った大人っぽい柄です。

あいにくお店にはこのサンプルカーテンがなかったのですが、お客様はお写真で
一目ぼれなさった様子。

私が展示会で生地をしっかり確認のうえ、
「これなら太鼓判!」と製作することになりました。

マリメッコメヒライスぺサ

「MEHILAISPESA」とは、ハチの巣 という意味だそうです。

ベッドリネンやクッション等では時々目にする柄ですが、実は単色のほうはサテン生地で見る角度によってゴールドにもシルバーにも見える不思議な色です。

通常のコットン生地より価格も少しお高いのですが、カーテンに仕立てるには
より適していると思います。

マリメッコメヒライスぺサ

落ち着いた中にも、マリメッコならではの洗練されたセンスが感じられます。

マリメッコカーテンメヒライスぺサ

少し遊び心を加えて、階段の間仕切りにはお色違いを使ってみました。

同じ柄でもこちらは大胆さが出ています。

北欧ブランドマリメッコもハンザムまで

マリメッコと聞くと、大きな花柄、赤や緑、青などの原色を上手に使った
明るいイメージ、女性向け、子ども部屋にも使えそう…といったイメージを
もたれている方も多いと思います。

それがマリメッコの特徴でもあり、マリメッコの良い部分でもあるのですが、
実はこういった一面もあるのですね。
マリメッコはお花や動物の柄が多くて子供っぽい とお感じの方必見です。

マリメッコなどの輸入生地は、ご自身で購入することもできますが、
やはり家のサイズにぴったりのカーテンを作るとなると、専門店にお任せくださいね。

マリメッコをはじめ、輸入生地のカーテンを取り付けたい!という方は、
実績の豊富なハンザムへ是非ご相談ください。

マリメッコの施工事例をもっと見る

この記事を書いた人
ご相談・お問い合わせはお気軽に!

カーテンはお部屋で一番目立つインテリアです。なんとなく決めてしまう前に是非一度、専門店に来てみてください。

気に入ったサンプルカーテンをご自宅にて試し吊りできる無料サービスが好評いただいております。是非ご利用ください。

メールフォームの方はこちらから


営業時間は平日10時~18時、土曜・日曜日10時~19時、祝日(水曜日以外)10時~19時となります。
※水曜日は定休日です。
※当店にてご相談等を検討されているお客様には、事前にご来店予約をしていただく事をおすすめしております。

ご来店お待ちしております。
公開日:
更新日:2017年03月06日

海外ブランド

Liberty (リバティ) Sanderson (サンダーソン)・マナトレーディング William Morris (ウィリアム・モリス)・マナトレーディング VillaNova (ヴィラノヴァ) Japan ジャパン
inhouse DESIGNERS GUILD (デザイナーズギルド) HARLEQUIN (ハーレクイン)・マナトレーディング FISBA (フィスバ)
etamine casadeco marimekko (マリメッコ) kinnamark (シナマーク)
Hunter Douglas (ハンターダグラス) nanik (ナニック) Lucenthome (ルーセントホーム) MANAS-TEX (マナテックス)

国内メーカー

川島織物セルコン フジエテキスタイル サンゲツ スミノエ
アスワン 東リ リリカラ シンコール
トーソー タチカワブラインド ニチベイ

上記ブランド以外にもお取り扱いはございます。是非お気軽にお問合せください。