カーテンレールの付け替え事例。カーテンでちゃんと開かないクローゼットもすっきり開閉!

いちばんの引越しシーズンと言われる3月も間近になってきました。

カーテンレールを取付ける際に気をつけなければいけないポイントのひとつがカーテンレールとクローゼット扉の干渉問題です。

カーテンレール付け替えの施工例

窓とクローゼットの間の壁が狭い時に注意しなければいけないのですが、クローゼットを開けた時に扉が手前側に折れて開きますので、全開時には壁から5~6cm位のところまで 扉が出っ張ってくることがあります。

カーテンレールとクローゼット扉の干渉問題と解決方法

簡単に言いますと、「カーテンが邪魔でクローゼットの扉がきちんと開かない!」という問題ですね。

クローゼットの扉の上部が窓枠と同じ位の高さなら、扉の上にレールがくるように取付ければ問題ありませんが、天井付近まで扉がある場合などは、カーテンレール2本を壁に取付けますと壁から約10~12cmは前に出てきますので、当たり前ですがカーテンレールと干渉して、扉が途中までしか開かなくなります。

解決方法はいくつかあります。

  1. カーテン自体をやめ、窓枠内にブラインドなどを納める。
  2. 厚地のカーテンをシェードにして、レースは枠内につけて 壁からの出幅を減らす。
  3. カーテンレールを壁面に1本、枠内に1本 別々に取付ける。

他にも解決方法がありましたので、ご紹介いたします。

川崎市多摩区のI様邸は、最初は窓枠少し上の標準的な位置にレールが付いていましたが、
生活されてみると扉が全開しないのは不便だとの事で、ご相談いただきました。

色々な案をご説明させていただきまして、今回はカーテンレールを天井ギリギリに
付け直して、扉の上にレールがくるように取付け直しました。

curtainrail6
通常使用するレール取付金具(ブラケット)より カーテンレールが低い位置にこない金具で取付けています。
     
     
curtainrail
金具の位置を変えているので、ビスを抜いた穴が残ります。
     
     
curtainrail2
コーキング補修をして穴が目立たないようにしました。

いい加減な業者ですと、レースを閉めれば見えないから、というつもりなのか
穴がそのままのお宅をたくさん見てきました。
     

curtainrail3
レールの位置を取付け直した後の写真です。
本当にギリギリでした。

curtainrail4

カーテンレール設置のポイント

今回のポイントとしまして、通常真ん中に入っているマグネット付きランナーをクローゼット側の端にも入れました。

レール自体は扉の上についているので、扉を押せばカーテン生地が押され開きますが、カーテンの上部に付いているフックにぶつかり、無理に押すと破損の恐れがあります。

そこでマグネットランナーを端に入れる事によって、通常はマグネットで固定されているカーテンが、クローゼットを開ける時は少し力を入れるだけでマグネットが外れ、カーテンを真ん中に寄せる事が出来るのです。

クローゼットの扉もカーテンに引っかかる事なく全開します。

curtainrail5
こんな感じです。
カーテンは取付時になかったのでお店のサンプルを吊って撮影しています。

カーテンレールは一度つけてしまうと、なかなか交換する機会がありませんので
取付けた後に後悔されないように是非、経験豊富なスタッフがいる専門店での
お取付をおすすめいたします。

それでは、また。

この記事を書いた人
ご相談・お問い合わせはお気軽に!

カーテンはお部屋で一番目立つインテリアです。なんとなく決めてしまう前に是非一度、専門店に来てみてください。

気に入ったサンプルカーテンをご自宅にて試し吊りできる無料サービスが好評いただいております。是非ご利用ください。

メールフォームでのお問合せ

来店予約


営業時間は平日10時~18時、土曜・日曜日10時~18時、祝日(水曜日以外)10時~18時となります。
※緊急事態宣言を受けて、2021年2月7日まで土日祝を通常より1時間短縮し18時までとさせていただいております。
※水曜日は定休日です。
※当店にてご相談等を検討されているお客様には、事前にご来店予約をしていただく事をおすすめしております。

ご来店お待ちしております。
カーテンギャラリーハンザムスタッフ
ハンザムの営業エリア
更新日:2019年9月25日