ウィリアム・モリス好きの皆さまへ。府中市美術館で「ウィリアム・モリス 美しい暮し」開催中!

こんにちは。 毛利です。

壁紙やカーテン、そのほかインテリアの世界においてウィリアム・モリスほど
後々までファンの心をつかむデザイナーはいないでしょう。

自然をモチーフにしたパターンや、繊細な色使い。
「美しいと思わないものを家においてはいけない」という彼の言葉のとおり、
すべてに“美”が宿るデザインは本当に素敵で人を魅了し続けています。

そんな、ウィリアム・モリス・・・お好きな方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

・・・もっと早く、もっと声を大にしてお知らせしなければいけませんでした。

9月中旬より、府中市の府中市美術館で(京王線府中駅よりバス)
「ウィリアム・モリス  美しい暮し」 と題した展覧会が開かれています。

そして 12月1日(日曜日)までなのです。 なんと、あと10日!

お好きな方は、府中の森公園散策とともにぜひ!足を運んでみて下さい。

私もスタッフと、定休日を利用して見に行ってきました。

ステンドグラス、壁紙、テキスタイル、、、とサブタイトルがありまして、
特にステンドグラスは数多く展示されていて、見入ってしまいました。

私たちが専門に取り扱っているファブリックとはまた違う、ウィリアム・モリスの世界を
改めて感じることができました。

こちらは、会場の最後のホールにあった、お楽しみコーナーで作れる「いちご泥棒」の手乗りの鳥(立体になります)です。

紙に版を押して、赤鉛筆でイチゴを縫って、切り取って、中身を貼って、私も作っておみやげに持って帰ってきました。

なるほどね。 おまけのお楽しみも、おもしろいですね。

ウィリアムモリスのコレクションをもっと見たい方は、是非こちらの記事もご覧ください。→ウィリアムモリスをお部屋に取り入れるならハンザムまで!

「カーテンギャラリーハンザム」店内では、先月よりモリスフェア開催中。

高価と言えるカーテンですが、それだけのデザイン性、歴史、美しさがつまったカーテンです。この機会にまずは1窓でもオーダーされてみてはいかがでしょうか。

ウィリアムモリスの施工事例をもっと見る

公開日:
更新日:2017年03月06日

海外ブランド

Liberty (リバティ) Sanderson (サンダーソン)・マナトレーディング William Morris (ウィリアム・モリス)・マナトレーディング VillaNova (ヴィラノヴァ) Japan ジャパン
inhouse DESIGNERS GUILD (デザイナーズギルド) HARLEQUIN (ハーレクイン)・マナトレーディング FISBA (フィスバ)
etamine casadeco marimekko (マリメッコ) kinnamark (シナマーク)
Hunter Douglas (ハンターダグラス) nanik (ナニック) Lucenthome (ルーセントホーム) MANAS-TEX (マナテックス)

国内メーカー

川島織物セルコン フジエテキスタイル サンゲツ スミノエ
アスワン 東リ リリカラ シンコール
トーソー タチカワブラインド ニチベイ

上記ブランド以外にもお取り扱いはございます。是非お気軽にお問合せください。